アトピーケアアトピー体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加

■アンケートにご協力ください vol.1「かゆみ止め」

脂漏性皮膚炎、慢性蕁麻疹、接触性皮膚炎等

アトピーと間違われやすい皮膚炎に、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)、慢性蕁麻疹、接触性皮膚炎があげられます。

脂漏性皮膚炎は、乳幼児の時期に小児科で「アトピー」と診断されるケースが多いです。
確固たる治療法や治療薬がないのはアトピーと同じで、症状が酷いと、アトピーと同じように、ステロイド外用薬等が処方されます。
乾燥を伴い落屑(らくせつ)もみられるのでアトピーと混同されやすく、また、アトピーと脂漏性皮膚炎の見分けが適切にできる皮膚科医も少ないと言われています。

蕁麻疹は、単発で出るアレルギー反応であれば早期に回復する病気ですが、慢性蕁麻疹になると確固たる治療法もなく、難治化してしまうケースが多いです。
蕁麻疹は皮膚表面の問題ではなく、体の免疫反応の異常が原因ででる湿疹なので、むやみやたらに外用薬を用いることは適切ではありません。
アトピーと違って、それほど痒みは強くない事がほとんどですから、難治化した蕁麻疹であっても、無闇矢鱈にステロイド外用薬等を用いずに治す努力が必要です。

接触性皮膚炎とは、一般的には「かぶれ」と言われる皮膚炎です。
化粧かぶれ、洗剤かぶれ、金属かぶれ、漆かぶれ、こういったかぶれも接触性皮膚炎の部類に入ります。
一番注意が必要なのは、合成化学薬品入りに洗濯洗剤による接触性皮膚炎です。
洗剤による接触性皮膚炎とは、洗剤に含まれる蛍光剤や界面活性剤が衣服に残り、汗と混ざることで皮膚炎を起こします。これはアトピーではなく、ただ単に洗剤かぶれであるので、洗剤を使わずに洗濯をする方法で、徐々に皮膚炎は軽快していきます。
アトピーと誤診し、ステロイド外用薬を処方し続け難治化してしまうケースが後をたちませんので、特に乳幼児や幼児の皮膚炎は、まずはこの洗剤による接触性皮膚炎を疑ってください。

次に多いのは、化粧品による接触性皮膚炎です。
化粧水やファンデーションに含まれる化学薬品で湿疹を患ってしまうケースです。
これはとても多いケースで、夏場の日焼けによる皮膚炎よりも多いのが現状です。
化学薬品無添加の化粧品類を使うことで軽快に向かいますので、この場合も、アトピーを疑うよりも先に、普段使っている化粧品を見直すことが先決です。

イチオシのケアグッズを紹介!「これがないとダメ」と思わせる極選品です!

本気でアトピーを治したい人の必需品!

サラヴィオ美溶液 商品名 サラヴィオ美溶液 価格/量 6,000円/100ml

アトピー痕の黒ずみ、シワにもオススメ!
使い始めは乾燥が強くなりますが、パックを続けることで肌本来の代謝ができるようになります。コラーゲンを作り出すFGFが増加しターンオーバーが促進! お試し1,000円もあります!

洗濯洗剤は使っちゃダメ!

エコサターン 商品名 エコサターン 価格/量 2,640円/1ヶ

洗濯洗剤に含まれる界面活性剤や蛍光剤で肌荒れを起こす人が多いです。汗をかくと服に残存するそれらの化学薬品が肌に粘着し、接触性皮膚炎を起こします!洗剤を使わない洗濯を!

胃腸の油を洗い流してくれるお茶!

ルイボステイ 商品名 ルイボスティ 価格/量 950円から

肌は腸の現れ。胃腸に少しでも負担をかけないのが健康肌を目指す秘訣です。抗酸化作用があることても有名なルイボスティーは是非ホットで、オーガニックのものを選んでください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
.