アトピーケアアトピー体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加

■RG92のモニター募集! 数量限定なのでお急ぎください!
■アンケートにご協力ください あなたの生活習慣や生活スタイルは?

毎日の食事の「量と質」。これってとっても大事なのは解ってますが、 そう簡単に教科書通りになんてできませんよね。 でも、何かひとつでも質の良いものを取り入れて、それが習慣になっていくと、 アトピー患者の念願である「体質改善」ができるかもしれません! 強い肌と病気知らずの体質を目指して食の質を変えましょう!

全部をすぐに変えるのではなく、少しづつ、できる事からチャレンジしてみてはどうでしょう。


抗酸化作用のあるノンカフェインのお茶
アトピーケア 食品ランキング1位 『ルイボスティー』

ルイボスティ
ルイボスティ

体を錆(さ)びさせないお茶です。
人間の細胞は毎日約10億個も死んでいくそうです。その最大の原因は過剰に発生した活性酸素です。活性酸素はもともと人間に必要なものですし、そもそも余分な活性酸素を除去する機能も人間には備わっているのですが、年齢を重ねていくうちにその機能が衰えてきます。そうなると除去しきれなかった活性酸素が細胞を老いらせ、時として様々な病気をもたらします。人間の細胞が鉄であればガビガビに錆びちゃう状態です。アトピーは体内に余分にある活性酸素が弱いところ(肌)に出たものなのかもしれません。
活性酸素は汚染された空気の中で長期間生活したり、過度にストレスがかかったり、紫外線を浴びたり、タバコや有害化学物質(農薬など)を摂取したり、食品添加物や脂肪を摂ったりすると多く発生し、また、その発生が促進されます。
けど、これらの原因を排除するってけっこう難しいですよね。
ですから「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)がある物を摂る必用があるのです。ルイボスティーの抗酸化作用はすばらしく高い効果があり、しかも飲みやすくて値段も手頃。おまけに水分補給もできてしまうという優れもの!
お茶を飲む習慣がある方は率先してルイボスティーに切り替えましょう!
そして、忘れちゃいけないこだわりは、「オーガニック」です。


体験レポート

味は香りの少ない紅茶に近いです。
漢方薬のような香りは全くしません。ジャスミンティーなどのフルーティーな香りもしません。しぶみや飲んだ時のいがらっぽさもありません。もっとも、入れ方や品質によってはこの限りではないと思います。
子供でも飲めます。


ルイボスティ

アトピーケア 食品ランキング2位  『 ミキプルーン 』


ミキプルーン

体を錆(さ)びさせない効果(抗酸化作用)があるプルーン。貧血予防や便秘解消のために食してる方も多いですよね。ミネラルが豊富で内臓も肌もとっても喜びます。 おやつ代わりに獲れたてプルーンを毎日食べたいところですが、現実的にそれは難しいです。 でも、それを可能にしたと言っても過言ではないのがこのミキプルーンです。
濃縮タイプのプルーンはたくさん商品化されていますが、私はこのミキプルーンの品質が一番信頼できると思っています。
品質には関係ないですが、通信販売していない点がマイナスに感じます。改善して欲しいです。


カロチン、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、ナトリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、鉄


●ミキプルーンはドロッとしていて「飲む」のではなく「なめる」かんじです。子供も好きで、スプーン1つを目処になめさせています。便秘が解消され、便もやわらかくなった気がします。(女性 重症アトピー)
●(外用目的)ミキエコーのオイルをカサカサしている部分につけるとしっとり潤います。乾燥対策にはバッチリです。(女性 重症アトピー)


ミキプルーン

アトピーケア 食品ランキング3位 『 しそ 』


しそ栽培キッド


シソには解毒作用があるのは有名ですが、アレルギー症状を抑える作用もあるそうです。スーパーで簡単に手に入る食材ですが、あえてこの商品を紹介させてもらいました。シソの観葉植物的な自己栽培キッドです。サラダに1枚添えてそのまま食べたり、細くきざんで冷たいソーメンに入れても美味しいですよ!
アトピーの闘病は精神的な辛さもありますよね。ちょっと土でもいじって気分転換しましょうよ(^v^)


しそ栽培キッド

アトピーケア 食品ランキング4位 『 玄米 』

玄米 玄米


なんと便利な玄米セット。といだ後の米にササッと入れて炊飯スイッチポン。これで白米&玄米ご飯が炊けるんです。
玄米と白米の違いとは、胚芽という米の種みたいなものがついたままなのが玄米、それを取ったものが白米というだけのこと。その胚芽はとても栄養価が高く、わざわざ栄養価の高い部分を取ってしまった白米が何ゆえ私達の食文化となってしまったのか?と思ってしまします(笑)
味や歯ざわりに慣れるのはちょっと時間がかかるかもしれませんが、1食だけでも玄米ご飯にすると、違いがでてくると思います。

体験レポート

味は小豆のお赤飯に近いです。
受け入れずらい方は納豆をかけて食べてみてはどうでしょう。気にならなくなります。
歯ざわりは白米に比べ相当感じます。これもやはり小豆のお赤飯に近いです。でもガリガリゴリゴリというわけではないです。


玄米

このページと合わせて読んでもらいたいコラムは
肌を強くするとアトピーは治る
アトピーに効果的な栄養
農薬と添加物を排除しよう
(アトピーに悪くない食品選びについて)
いろんなことを言う人がいます。私もその中のひとりです。
ですが、私はこう思います。
アトピーだからって何を食べたって良いのです。
甘いものが好きな人はうーんと食べて、食べたものを上手に消化し、上手にデトックスさえできれば。
それができるように他のところで頑張ればいいんです。
農薬と添加物だけは最低限避けたほうがいいとは思いますが(このコラムを参照)、何より、
痒くて痛くてストレス全開なのに食べるものくらい好きなものを食べたい!
って思いません?
だから私は焦らず、自分が好きで得意な食材・料理からちょっとづつアトピーケア食品を進めてます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
.